【2022年 11月22日】今日もコツコツ「レノバ」!

はじめに

僕は、再生可能エネルギー銘柄のレノバ(9519)をマネックス証券の「ワン株」を使って毎日、1株購入しています。
208日目となりましたが、レノバの株価は下がりました。

投資信託などでも使われる購入方法の定量購入法という買い方をしています。

皆さんの投資のご参考になれば幸いです。

11/22、レノバのチャート

11/22の終値が2,673円でした。
前日比-60円(-2.2%)でした。

チャートは6ヶ月、日足のものです。
最近のレノバは、出来高が少なめです。
注目されなくなってきているようです。
時間がかかりそうな印象です。

保有残高を確認

僕の口座、レノバの保有残高を確認してみます。

11/22で208日目となり、208株目を購入しました。

平均取得単価が2,317円でした。
時価評価額が555,984円でした。
この日の評価損益は+74,048円、+15.36%となりました。

ところで、11/16に注文を入れ忘れました。
11/16を含めトータルで3日分、3株の注文を入れていません。

レノバ購入のルール

定量購入法でマネックス証券の「ワン株」を使って毎日、「1株」を買う。

ただし本業の仕事のため、注文を入れられない日は除く。

期間は、2022年1月13日(木)から2023年1月12日(木)の1年間とする。

時価評価額で「100万円」を超えたらやめる。

まとめ

マネックス証券の「ワン株」を使ってレノバを毎日、1株買っています。
同じ株数を一定期間買い続ける「定量購入法」を使っています。
楽天証券やLINE証券などでも単元未満株取引をしていて1株から売買ができます。

今日、レノバは株価を下げました。
含み益がみるみるうちに減ってきているので、マイナスにならないことを願うばかりです。

ところで現在、ある銘柄を仕込んでいます。
出来高が少なく、板も薄いことから迷惑をかけますので「ある銘柄」としておきます。

株式市場全体がなかなか読めないので無理せずに、安全運転でスイングトレードをしています。
コンピューターアルゴリズムと格闘しています。

夏ごろから監視していて先月、大きく下がりRSI(相対力指数)が約32%のときに動きました。
信用取引で約2,000株保有していて、買い始めてから1ヶ月間我慢してようやく上昇してきました。
11/22現在、含み益が約13万円くらいです。

過去、200日移動平均線に到達すると、一度跳ね返される特徴があります。
ここから跳ね返され、もう一度少し下げる可能性もありますが、想定内で僕の得意なパターンになってきました。
手前みそですが、僕は買いより売りが好きで得意です。

経過はここまでしかお伝えできませんが、結果は銘柄を含め方法などもお伝えしたいと思います。

皆さんの売買のご参考になれば幸いです。