【2022年】明光ネットワークジャパン(4668)8月の株主優待が届きました!

はじめに

8月権利確定銘柄で小中高向け個別指導の補習塾「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパン(4668)から我が家に、株主優待が届きました。

優待内容、いつ頃届いたか、どんな企業かなどを見ていきたいと思います。

明光ネットワークジャパンから株主優待が11月21日に届く

昨年に続き、11月21日に明光ネットワークジャパンから株主優待が届きました。
「クオカード」」500円分が届きました。

僕の住んでいるところは東京都中野区で、お昼頃に普通郵便で届きました。

明光ネットワークジャパンの株価

株価は616円です。(11月22日午前現在)

株主優待を得るために株主となるには、616円×100株で61,600円と手数料がかかります。

明光ネットワークジャパンの優待内容

            継続保有3年未満  継続保有3年以上

100株以上500株未満   500円相当     1,500円相当

500株以上1,000株未満  1,000円相当     2,000円相当

1,000株以上       1,500円相当     2,500円相当

株主優待は保有株数と継続保有年数に応じて「クオカード」がもらえます。

権利確定は、8月末日になります。

僕は100株の株主なので、500円分のクオカードをいただきました。

明光ネットワークジャパンのチャート

チャートは、週足の5年チャートです。
なかなか手を出しにくいチャートです。

紫色の200日移動平均線が右肩下がりです。
200日移動平均線は、約1年の終値の平均価格ということになります。

ここ二年近くもみ合いが続き、株価は600円を近辺に推移しているようです。
200日移動平均線が近づいてきているので、そろそろ株価が動くかもしれません。

明光ネットワークジャパンの配当金

現物で購入した際は、配当金が得られます。
中間配当(予想)1株12円、期末配当(予想)1株12円となっています。

年間で配当金は1株24円で、配当利回りは約3.89%となっています。

まとめ

僕はSMBC日興証券の信用取引を使ったクロス取引で優待を得ました。
経費はトータルで約165円でした。

明光ネットワークジャパンは、保有株数と継続保有年数に応じてクオカードを優待しています。
優待内容は100株、3年未満ですと年間500円分となっています。

株価は二年近くもみ合っているようです。
結果論となりますが、僕だったらちょっと二年は待つことができません。
日柄調整としては、少し長すぎます。

また、僕は分散投資という視点から明光ネットワークジャパンを買いません。
というのも僕は、早稲田アカデミー(4718)という塾銘柄を保有しています。

早稲田アカデミーは数年前に購入しましたが、取得単価が926円で+21,600円(+23.32%)となっています。

個々の投資家のポートフォリオやポジションが関係してきますが、僕は分散という観点から塾銘柄を二つ保有はしません。

明光ネットワークジャパンも悪い銘柄ではありませんが、塾業界は競争が激しく実績のよい塾に生徒が流れ、それが業績につながる傾向があります。
この辺も考慮しています。

8月権利確定銘柄の明光ネットワークジャパン(4668)でした。