【2022年】吉野家ホールディングス(9861)8月の株主優待が届きました!

はじめに

8月権利確定銘柄の吉野家ホールディングス(9861)から我が家に、株主優待が届きました。

優待内容、いつ頃届いたか、どんな企業かなどを見ていきたいと思います。

 

吉野家ホールディングスから株主優待が11月10日届く

11月10日、吉野家ホールディングスから株主優待が届きました。
日本国内の吉野家、はなまるうどんなどで使用できる「株主優待券」」5,000円分が届きました。

僕の住んでいるところは東京都中野区で、お昼頃に普通郵便で届きました。

吉野家ホールディングスの株価

株価は2,290円です。(11月14日現在)

株主優待を得るために株主となるには、2,290円×100株で229,000円と手数料がかかります。

吉野家ホールディングスの優待内容

株主優待は年2回(2末月と8月末)、保有株数に応じて500円のサービス券がもらえます。

権利確定は、2月末日と8月末日になります。

発送時期は、2月末分は5月上旬、8月末分は11月中旬になります。

僕は100株の株主なので、8月分の5,000円分のサービス券をいただきました。

200株以上の株主は、「商品詰め合わせセット」との引き換えもできます。

吉野家ホールディングスのチャート

チャートは、週足の5年チャートです。
株価はコロナショックで急落しましたが、それ以降は上昇傾向です。

紫色の200日移動平均線も右肩上がりです。

吉野家ホールディングスの配当金

現物で購入した際は、1株につき年間10円の配当金が得られます。

中間配当1株5円、期末配当は1株5円の予定となっています。

配当利回りは、0.43%となっています。

100株保有したときの配当金と株主優待を合わせた利回りは、配当金1,000円(500円×2)と年2回の株主優待4,000円(2,000円×2)は2.18%となっています。

まとめ

僕はマネックス証券の信用取引を使ったクロス取引で優待を得ました。
経費はトータルで1,347円でした。

吉野家ホールディングスは、年2回にわたり株主優待をだしています。

株価はコロナショック後、右肩上がりに上昇しているので200日移動平均線を下にわったタイミングで購入してみてもよいかもしれません。

僕はあまり吉野家には行きません。
吉野家ホールディングスに入っていた「京樽」はよく利用していますが、スシローのグループ(FOOD & LIFE COMPANIES)に入り、吉野家ホールディングスの優待が使えなくなりました。

吉野家ホールディングスの株主優待は、金券ショップでは8割くらいで買い取ってもらえます。
新宿駅に行ったとき、ついでに金券ショップに寄ってみたいと思います。

8月権利確定銘柄の吉野家ホールディングス(9861)でした。