【2022年】プリマハム(2281)3月の株主優待が届きました!

はじめに

3月権利確定銘柄で業界3位の食肉加工品メーカーのプリマハム(2281)から我が家に、株主優待が届きました。

優待内容、いつ頃届いたか、どんな企業かなどを見ていきたいと思います。

プリマハムから株主優待が11月19日に届く

11月19日、プリマハムから株主優待が届きました。
「自社製品(ロースハム)」3,000円相当が届きました。

僕の住んでいるところは東京都中野区で、お昼頃にヤマト運輸のクール宅急便で届きました。

プリマハムの株価

株価は2,091円です。(11月22日午前現在)

株主優待を得るために株主となるには、2,091円×200株で418,200円と手数料がかかります。

プリマハムの優待内容

株主優待は、200株以上の株主に自社製品3,000円相当がおくられます。

「匠の膳」というロースハムでした。

プリマハムのチャート

チャートは、週足の5年チャートです。
現在株価は、紫色の200日移動平均線の下に位置しています。

直近ではやや反発、上昇しているようです。

そろそろ、底が近いような気もします。
しかし、なかなか底で拾うことは難しいので僕だったら単元未満株(ワン株)を使います。
一日1株~5株、あるいは1週間のある曜日に10株など分散して購入していくような買い方です。
計画的に、適宜修正しながら200株を集めます。

単元未満株は各証券会社で取り扱っています。

プリマハムの配当金

現物で購入した際は、配当金が得られます。
中間配当1株20円、期末配当1株45円(予想)です。

年間で配当金は1株65円で、配当利回りは約3.1%となっています。

まとめ

僕はSMBC日興証券の信用取引を使ったクロス取引で優待を得ました。
経費はトータルで586円でした。

プリマハムの株主優待は、200株以上の株主に自社製品3,000円相当がおくられます。
優待は200株以上必要なので、40万円前後の資金が必要になります。

今朝、いただいたロースハム「匠の膳」を朝食にいただきました。
脂が少し強めでしたが、とても美味しかったです。
妻はフライパンで焼いたハムをパンに挟んで食べていましたが、感動していました。

普段なかなか食べないようなハムですが、株主優待をきっかけにいただくことができました。
ありがとうございました。

3月権利確定銘柄のプリマハム(2281)でした。