日本製鉄(5401)を空売り 損切り

9/12 日本製鉄を空売り 損切り

日本製鉄(5401)の空売りをしていましたが、損切りをしました。

損失が-68,515円でした。

9/12(月)、日本製鉄は2,288円で終え、前日比+10円(+0.44%)でした。

チャートは1日、5分足のものです。
9:57に500株、成り行き注文で約定しました。
信用取引の売り注文なので、返済で買い戻しました。

苦しくなって、投げたという感じでした。
株価は引けに向かって下がっていったのでもう少し、丁寧に注文しておけばよかったと反省しています。

チャートは6ヶ月、日足のものです。
8/18から空売りを始め、8/31まで売建てました。

ここ数日は、株価がぐいぐい上がっていきました。
9/12の寄りつき価格となる始値が2308.5円で、上値抵抗線の2,300円を超えました。
2,300円を突破したので、損切りを決断しました。

今日の終値が2,288円でしたので、2,300円の突破は「だまし」だった可能性がありますが、RSI(相対力指数)は69.44%と70%を超えていないのでまだ上昇するかもしれません。
ここ1ヶ月以上RSIが60%をキープしているので、僕が耐えきれなくなりました。

ここ最近の株式市場はなかなか先が見通せないような印象でした。
ポートフォリオ全体をみたときの買いと売りのバランスを考えて、日本製鉄の空売りをしていました。

今回は、失敗してマイナスとなりましたが、他の銘柄の買いポジションはプラスになっています。
約定ベースでみても今月は、今のところプラスをどうにか維持しています。

今回は少し、引っ張り過ぎてしまったと反省しているのですが、全体とのバランスを考えると難しい売買だったとも振り返っています。
現在は、信用取引の売りのポジションは持っていません。