市場は様子見、僕も様子見

INPEX(1605)約定できず

明日、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表されます。
日本時間の22日午前3時の予定です。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見で積極的な利上げ姿勢が示されるかが注目されています。

FOMCを控えているので株式市場はここ数日、様子見ムードという印象です。
僕も今日、積極的な売買はしていません。
ワン株(単元未満株)と投資信託の積立以外の売買はしませんでした。

原油・天然ガス(LNG)関連銘柄であるINPEX(1605)の指値を1,503円で300株入れていましたが、約定できず失効しました。

当初、1,505円で指値を入れていましたが値動きの様子をみていたら、1,505円を割るような感じだったので、1,503円に訂正して指値を入れ直しました。
しかし、1,504円までは下がったのですが、約定できませんでした。

今日のような日は妥協して高値づかみをしたくない気持ちがありあました。
明日以降、株価が大きく動く可能性がありますので、リスクはできるだけとりたくないと思っていました。

今日のINPEXは始値と終値が1,507円でした。
出来高もいつもより少なめでした。
投資家も迷いがあり、また様子見といった感じだったのだと思います。

約定はできませんでしたが、これでよかったと思っています。
今週は休日も多すぎます。
今日は勝負するような日ではなかったと思っています。

パウエル議長の発言次第では明日以降、相場が大きく動く可能性があります。
なんとか振り落とされないようについていきたいと思います。

ただ、明日天気が大きく崩れなければディズニーランドに行く予定なので、明日だけは株式市場が大きく動いてほしくないというのが本音です。